夏老け予防に! 活性酸素に! 老化に!ルイボスティーのパワーが凄すぎる!

お肌

皆さんは普段からお茶飲んでいますか?麦茶や緑茶、ウーロン茶などさまざまなお茶が人気ですが、今回ご紹介したいのは「ルイボス茶(ティー)」。あまりなじみのない人も多いかと思いますが、これが結構凄いパワーを持っていて・・・特にこの夏紫外線をいっぱい浴びちゃった人必見ですよ!




<スポンサーリンク>

ルイボス茶(ティー)とは?

お茶には発酵しているものとそうでないものがあることをご存じでしょうか?ルイボス茶の場合は発酵茶。紅茶と同じ製法で造られているお茶なんです。煮だすと見た目もそっくりな紅茶とルイボス茶ですが、紅茶がツバキ科の茶の葉っぱから造られているものに対して、ルイボス茶は全く別のマメ科の植物が原料なんです。

お茶と一言で言っても製法や原料って結構違う物なんですね!

発酵の度合いによって異なる茶

ウーロン茶や紅茶などのお茶は茶葉を加熱する前に揉んだり、しおらせたりして細胞を壊すと、酸化酵素の反応で茶葉に含まれるポリフェノールの色や味、香りが変化します。これがうわさの発酵!

こうやって同じ茶葉から全く違った飲み物が完成しているんですね!

ルイボス茶のルーツは?

ルイボス茶の場合は茶葉からではなく、マメ科の低木の葉と茎を発酵させたものです。ルーツは南アフリカにあり、古くからお茶として利用されてきたそうです。緑色の葉っぱが発酵することによって赤くなることから「赤いルイボス(rooibos)」と呼ばれるようになり、現在では、ルイボスの栽培はケープタウンの北のセダーバーグ地方に限られているとのこと。この地域は半砂漠のような過酷な環境ということで、ルイボスは自身を守る抗酸化物質を作り出していると考えられています。

ルイボス茶の魅力

ルイボス茶のこと・・・調べてみれば、ダイエットにいいとか、便秘の解消、血行不良の改善、妊活に!母乳アップ!痛風に!など、でるわでるわ、ルイボス茶効果!「ノンカフェイン」というところもまた嬉しいですね。

そしてルイボス茶の最大の魅力はなんといっても豊富に含まれている抗酸化作用のある特有のポリフェノール「アスパラチン」!効果・効能にもいろいろあるようですが、今回はこの「アスパラチン」効果に是非注目していただきたいんです。


<スポンサーリンク>

アスパラチン効果

この夏、海に山に行きたくさんの紫外線を浴びまくった人も多いでしょう。その紫外線ダメージが実はお肌のみならず、DNAまで傷つけているってご存知でしたか?紫外線だけではなく、ストレスや喫煙といった習慣は活性酸素を過剰に発生させてしまう原因になっています。体内の酸化と抗酸化のバランスが崩れてしまうと、DNAや細胞が傷つき、そして老化へと繋がってしまうのです。

そこで、アスパラチンです!

ルイボス茶を飲むことで、アスパラチンを摂取すると紫外線によるDNAのダメージを防ぐ働きがあることが確認されているそうです。

緑茶や紅茶ではだめなのか?

緑茶や紅茶にも豊富にカテキンなどのポリフェノールは含まれているが、同時にカフェインやタンニンを多く含みまず。よって飲みすぎると睡眠に影響を与えたり、鉄の吸収を妨げる恐れがあるんです。その点ルイボス茶はノンカフェイン!苦みも少なく、多量摂取のデメリットが報告されていないというのが素晴らしいですね!

抗酸化力アップ

実はルイボス茶に「ビタミンC」を合わせると抗酸化力の相乗効果がUPするんだとか!ルイボス茶にビタミンCを加えた細胞モデル実験で、抗酸化作用の相乗効果は認められそうです。ルイボス茶を飲むときはビタミンCの多い柑橘類やキウイなどを一緒に食べるのがオススメです。

そしてもう一つ・・・

お茶の入れ方としては水出しでもいいのですが、よりアスパラチンを多く取るために、是非お湯出しにしましょう!けど、煮だしでなくても大丈夫!カップにティーバッグを入れて15分~20分放置しておけば濃いオレンジ色のお茶が完成します!

ルイボス茶の癖が気になる人は?

とはいえ、人によっては癖が気になって飲みにくいという人もいます。私自身も初めて飲んだとき、漢方薬のようなニオイが気になりました。3日くらい飲むと自然と気にならなくなるのか?慣れてくるのか?結構そんなもんらしいですが、どうしても気になってしまうという人は料理に活用するという方法もありますよ!

一番簡単なのは、ルイボス茶でお米を炊く!←コレコレ

これは簡単で、全く癖もありません。ほんのりとお米が茶色に炊き上がるというだけで、沢山のアルパラチンを摂取することができます!

他にも寒天やゼラチンで固めてあまりフルーツにしたり、ジンジャエールなどで割って飲んだりしてもOK!肉や魚を煮る時にもルイボス茶を使えばアルパラチンも摂れるし、肉や魚の臭みもとってくれるので一石二鳥なんですよ!

だし代わりに使ってさっぱり仕上げる「鯛茶漬け」というレシピを見つけたのでご紹介します。↓

出典元:日経ヘルス

作り方

1、Aを混ぜ合わせて鯛の刺身とあえて、5分程おく。

2、鍋にルイボス茶と昆布茶を入れて熱々に熱する

3、器に暖かいご飯を盛り、1をのせて、2を注ぐ。ミツバと刻みのり、ワサビを添える。

 

なんとも超簡単ですね!Σ(・ω・ノ)ノ!

いかがでしたか?

普段から飲むお茶をルイボス茶に変えたり、料理に使ってみたり、とにかく摂れればなんでもいいんです!ガンや老化の原因となる活性酸素!この夏、沢山紫外線を浴びた人は特に必見!アスパラチンで撃退しましょう!


<スポンサーリンク>

コメント