方位の持つパワー?風水で重要な各方位の持つ運気~南から~

方位

前回の記事で北~東南方位までのパワーを詳しく書きましたが、今回はその続きで南方位から!各方位のパワーや意味を知ってしっかりと対策しましょう。





スポンサーリンク

南方位(才能運・人気運)

太陽が最も高く上る方位。南の太陽は地球上の全てのものを明るく照らし、隠れていたものを表に引き出すパワーがあります。南の太陽を浴びると身体と心が開放され、体内の奥深くに眠っていた才能が表に出てきます。一般的に日照時間の少ない北国は寡黙な人が多いですが、南国では開放的な人が多いと思いますが、そういうイメージありませんか?これも風水で説明ができる事なんです。植物を南に置くと早く育ちますが、これは人間の成長にも言える事。子供を南の部屋で育てると、早熟でおませな子になりがちです。頭の回転が良くなる方位なので、「インスピレーションが冴える」「才能に磨きがかかる」という作用もあります。

南は「盛んに燃えたつ炎」を表します。才能がメラメラと燃え上がり、周囲を明るくして輝く方向ですから、「子供の才能を伸ばしたい」「才能で稼ぎたい」「周囲から注目されたい」という人は南方位を重点的に対策するなど、南方位を利用するといいでしょう。

南が吉方位の場合?

南には「一対」というキーワードがあります。「一つのものが、二つになる」ということから「物事がはっきりする」「嫌な問題がすぱっと解決する」「嫌な人を訣別できる」「嫌な過去を消せる」等の作用があります。過去のごたごたに白黒つけたい人は、南の吉方位を利用するのが良いでしょう。南方位に引っ越しをしたとたん、美しくなる人も多いです。南のパワーによって美意識が高まり、体型や素肌に磨きをかけるようになるのかも知れませんね。引っ越しが無理な場合は、南の部屋に鏡を置き、そこでメイクをするだけでもかなり垢抜けてくるはずです。タレントやミュージシャンなど、芸能関係で成功したい人は、この方位のエネルギーをたっぷり吸収するといいでしょう。南に引っ越すならお昼の太陽がさんさんと当たる家、近くに流行のスポットがある場所、海の見える場所などがオススメです。

南が凶方位の場合?

南の凶作用がすぐに表れるというのが特徴です。「白か黒かを決する」という方位です。「頭に血が上る」「燃え尽きる」という作用が働き、喧嘩や離婚、契約がらみのトラブルが起こりやすくなります。仲の悪い夫婦がこの方位に引っ越すと「離」の作用が働いて、離婚話が持ち上がることがあるでしょう。Drコパさんも著書の中で「仲の悪い夫婦は知らず知らずのうちに、南の凶方位へ移動することが多い」と書いています。運が方位を運ぶのでしょう。これから引っ越しを考えている夫婦は、方位をきちんとチェックしてから決めましょう。もしも、「絶対に別れたい!」と思っているならば別ですが、この先も夫婦関係を長く続けていきたいなら、南の凶方位は避けましょう。

南の方位は税金のトラブルや保証問題、契約トラブル、会社や商売の金銭トラブルが発生する恐れもあります。いずれも、サンサンと照り付ける南の太陽が判断力を鈍らせるのが原因です。「すでに遅し」というなら、家にブルー系、グリーン系のインテリアを多用するなど、頭をクールダウンさせる風水が必要です。

スポンサーリンク

南西方位(不動産運・家庭運)

南の太陽が少し西に傾き始めると、気温が上昇します。この方位に部屋があると、冬でもぽかぽかして過ごしやすいものですね。穏やかで物静かな気が漂うので、南西にリビングや和室を設けるお宅も多いのではないでしょうか?南西はのんびりとおおらかな気が支配する方位で、「母なる大地の方位」「家庭円満の方位」などと呼ばれています。この方位のパワーを取ると、コツコツと頑張る根性と忍耐力が身に付きます。ただし!南西の別名は「裏鬼門」。表鬼門の東北と異なり、一見、女性的なふんわりした気が流れているように見えますが、怒らせると怖いのです。

南西は大地の土の気に満ちた方位。「母なる大地」というように、土は天から降り注ぐ太陽の光や雨、落ち葉の栄養などを受け入れて、多くの生命を育みます。「あらゆることを滋養にして、一歩ずつ幸せに向かいたい」「生活の基盤をしっかりさせたい」「物事にじっくり取り組みたい」「努力を確実に実らせたい」というなら、南西方位を利用するのがおすすめですよ。

南西が吉方位の場合?

南西方位に家を探すなら、古い落ち着いた街並みのある場所が良いでしょう。吉方位なら、家庭生活が安定します。夫婦仲や親子関係が良くなったり、子宝に恵まれたり、不動産のモメ事が片付いたりするほか、グズな夫や子供がしっかりしたり、「お嫁さんが欲しい」という願う独身男性なら、いい奥さんに恵まれたりすることもあります。風水では「東北は攻めの方位、南西は守りの方位」と考えます。「守りを固め、マイペースで過ごしたい」そんな人は、この方位を使うといいでしょう。ストレスの多い状況から一歩離れ、じっくり体制を立て直す時にもおすすめです。

南西が凶方位の場合?

今までの平穏な生活に波風が立ち、イライラしたり、不安を感じたりすることが多くなります。これといった原因が特にないのに夫婦関係の溝が深まったり、子供に元気がなくなったり、ずっと順調だった仕事につまずいたりすることもあります。ひどい場合は家族が引きこもりになったり、ギャンブルがやめられなくなったり、嫁姑問題で離婚したりと、家庭崩壊する恐れが出てきます。胃腸の病気や、精神的なストレスにも注意が必要です。

南西は、「基盤を築く」「土台をしっかりさせる」方位ですが、凶方位では逆に、足元が崩れるような出来事が起こりがちになります。「放っておけば何とかなるだろう」と気楽に構えていると、気づいた時には手遅れという事も少なくありません。東北の凶作用は激烈でも、目に見えるのですぐに対処可能ですが、南西の場合は水面下でしっそりと浸透するぶん気を付けなければいけないのです。対処法としては、マメに神社に参拝する、家をいつもきれいに保つ、衣食住遊心の風水で運を上げるなど、方位の凶作用を薄める努力をしましょう。

スポンサーリンク

西方位(金運・恋愛運)

西の空に太陽が沈む頃、つまりは夕方の時間帯。仕事からも解放されてほっと一息といったところでしょうか?ゆったりとした時間の流れを感じると人はロマンチストになります。つまり、西は憧れとロマンの方位と言えます。西方位には、遊びの気がたっぷり漂っています。おいしい食事や楽しいお酒、恋人や友達との語らいなど「人生の喜び」を味わうなら西方位です。農耕民族の日本人は古来より、ずっしり重そうに実った稲穂に黄金色の夕日が当たるのを見て「ああ、豊かだ」と感じてきました。「西に黄金で金運アップ」とは、黄金色に輝く稲穂の象徴からきているのです。

西はズバリ!「お金」の方位。「秋を迎えて、成熟した草木がたくさん赤い実をつけ、豊かな収穫を得る」という意味があります。楽しく豊かな人生に、お金は欠かせません。お金は幸せになる道具の一つです。お金が欲しいなら、西の吉方位が効果的です。西は商売繁盛の方位でもありますから、商売、特に現金の商い(アクセサリー、スナックや、喫茶店など)を成功させたい人は、西の吉方位を取るといいでしょう。

西は先祖の方位でもあり、「西に近づく」のは、「隠居」のパワーを受けるという意味もあります。ある程度の年齢やある程度の経済力なら、「西方位の夕日がきれいに見える土地」を選べば間違いなくパワーを得られるでしょう。金銭的に恵まれ、豊かで安定した老後を送れるでしょう。



西が吉方位の場合?

交際運・恋愛運・結婚運に加えて金運が上がり、人生が楽しくなるでしょう。人生を謳歌出来る方位ですが、10代、20代の若い人がこの方位のパワーを取ると、遊び過ぎて本業がおろそかになることもあるので注意が必要です。

西が方位の場合は?

引っ越し後に余計なお金がかかり、予算オーバーになるでしょう。貯金を切り崩す可能性があるので「どうしても引っ越さなければいけない」というなら資金に余裕を持たせ、できるだけその範囲内でやりくりすることを肝に銘じでおきましょう。「お金をかけた割には不満足」だとか「物足りない」と思っても「仕方ない」と割り切ることです。お金を使うことで、方位の凶作用を軽減していると考えればいいのです。引っ越ししてから金運がダウンするのを防ぐには、「西・北・東北に黄色」の風水を徹底することです。更に、その3方位に水場のない家を選ぶとなおいいです異性とのトラブルや不倫騒動にも注意しなければいけませんよ。

スポンサーリンク

北西方位(スポンサー運・事業運)

「北西には天・神・仏が宿る」とされ、神様や仏さまを祀るのに良いとされてきました。気高い品格の漂う格上の方位で、スポンサー運や上司運、目上の人運を左右します。若い人がこの方位のパワーを吸収すると、責任がドカンと重くなってしまいますが、辛さを乗り越えると一気に伸びます。ハードルは高くても頑張ったら頑張った分だけの報いがある!というのが、北西方位の特徴です。

北西方位に引っ越すとき、近くに神社があれば特にラッキー!「神様が見守ってくださる」という事ですから、きちんとお参りして頭を下げ、力をもらいましょう。その他にも、博物館や美術館、役所、歴史のある建造物、由緒あるホテル等があるのも吉です。北西は「天の方位」と呼ばれ「最高級のもの」「最上のもの」を表します。この方位に引っ越すと、ワンランク上の人生が歩めるようになることでしょう。ただし、自分の格を上げるには「上に行くぞ」という自覚と、現状脱皮の努力が必要です。男性がこの方位のパワーを取ると家長としての風格が備わり、大物感が漂うようになります。女性も第一線でバリバリ働く力が身に付き、主婦なら夫を尻に敷く「かかあ天下」になるでしょう。

北西が吉方位の場合?

目上の人や上司の力添え、頼りになるスポンサーに恵まれます。北西の吉方位へ行くと「天の助けを得られる」と風水では言われています。吉方位なら、誰かが上から手を差し伸べて、引っ張り上げてくれるでしょう。ただし、まじめに相手の期待に応える努力をしないと、「天国から地獄へ真っ逆さま」というおまけもついてきます。よくも悪くも結果がはっきりと出る方位ですから、「自分の本当の実力を試される方位」と心して、精進を怠らないことです。政治家を目指す人や役所や大企業に努める人などはなるベくこの方位を取っておくと良いポジションにつける可能性が高くなるはずです。年を取ってからの北西には「よい晩年を過ごせる」というパワーもあります。

凶方位の場合?

かわいがってくれた上司が職場から離れる、大事なスポンサーが去っていくあるいは両親とのそりが合わなくなるなど、「目上の人」との関係に亀裂が生じる可能性があります。凶意から逃れるには、神仏にお願いすることです北西は神頼みが効く方位ですから、引っ越し先の神社へ言って謙虚に頭を下げると、凶作用を軽減してくれるでしょう。実家の墓参りなども効果的です。

スポンサーリンク

中心

「中心に移動する」とはどういう事でしょう?それはマンションやアパートなどで、真下またはは上の階へ移動することを指します。

上下に移動すると、中心のパワーが作用することがあります。「同じ建物内だから方位の作用は関係ないだろう」という事はないのです。

中心には、「変化」と「破壊」の気が宿る為、良いことも悪いことも極端に出てしまいます。東北のパワーにもよく似ています。「特別な悩みや不安はない」「現状に満足している」というならば、できるだけ上下の移動は避けた方がいいでしょう。「今の現状を変えたい」というならば別ですが、何かとゴタつくのは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

中心は「腐敗する土」を表します。生き物が朽ちると土に還り、その土は腐敗して生体エネルギーを消化します。つまり、「破壊」強力なエネルギーを持ち、普通の人がこの気を使いこなすことはできない為、移動は「大凶」とされています。因みに、中心には時期による吉方位や凶方位はありません。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

各方位の独自のパワーが分かれば、今あなたが必要なのはどの方位のパワーなのか貴方次第で運は開けるというもの。各方位のパワーを正しく知って、うまく運気を取り込んでみれば道を開くカギとなるかもしれませんね?



 

コメント