方位の持つパワー?風水で重要な各方位の持つ運気~北から~

方位

正しく八方位を割り出せたなら、早速風水を初めて見ましょう!

その時にポイントとなる事の一つに、各方位のパワーやどんな吉作用・凶作用が働くか等それぞれの方位のパワーを頭において置くとより風水が面白いと思います!

前回各方位の簡単なパワーを書き出しましたが、今回はそれぞれの方位のパワーをより詳しく書いていきたいと思います!





スポンサーリンク

北方位(財運・恋愛運)

日が当たらず、冷え冷えとした空気に満ちた北は、「目に見えないこと」「隠れたこと」を表す方位で、恋愛運や財運、更には信頼運などもつかさどる方位です。南のように明るく派手な方位ではありませんが、風水では「権力の方位」呼ばれています。

徳川家康は江戸から見て真北の日光に自分を祀る宮(東照宮)を作るように命じましたが、これは北が位の高い方位だったからだとか。そう北と南は、上下関係を表す方位なのです。風水の祖・中国では、「北の空に輝く北極星は不動の天帝であり、その周囲を幾千・幾万もの星が取り囲んで回る」とし、北を「位の高い人が座す頂上の方位」と考えました。そして風水でも、「北が主、南が従」と考えます。華やかでもきらびやかでもありませんが、重みと深みのある、重厚な方位と言えるのです。

北が吉方位の場合?

北は安定の方位なので、穏やかに暮らせるようになります。派手さはなくても、経済的に困ることはなく、へそくりや貯金がいつの間にか大きく貯まるでしょう!北方位は水の気を持ちます。静かに澄んだ水の気をたたえる北方位は、心の平穏を与えてくれる方位でもあります。また、癒しと再生のパワーもあるので、子宝を望む人や病気を早く治したい人にもおすすめです。北方位に引っ越すなら、方位の特性に合わせた閑静な環境が吉。北側に大きな建物や山があればなおいいでしょう。

北が凶方位の場合?

「隠れたこと」に関して凶作用が働くので、親しい人に裏切られたり、自分や相手の浮気がばれたりするなど、隠しておきたいことが表面化します。また、好きな人や信頼していた人の見たくない一面を見てガッカリしたり、自分の秘密が明るみに出たりしてしまうこともあるでしょう。

北は心の方位ですが、凶方位だと心の平穏が乱れ、イライラしたり、ノイローゼになったりすることもあります。下半身の病気にも気を付けなければいけませんよ。

スポンサーリンク

東北方位(不動産運・跡継ぎ運)

東北の別名は裏鬼門。「むやみに鬼門に移動してはいけない」という人もいますが、「人生を根底から変えたい」「現状から脱皮したい」という人には最適の方位になります。もちろ、吉方位であることが必須条件ですが・・・。

東北は気流や磁場の乱れやすい方位で、吉に作用すれば大成功を得られますが、大凶に反転する可能性もあるそんな極端な方位です。「良くも悪くも、今までと反対に向かう」という作用もあります。例えば、栄えていたものは滅び、落ちぶれていたものが栄えるのです。東北に移ってからの月と年の単位が「1」「4」「7」の単位で大きな変化が起こります。吉方位なら「今までの厄を清算している最中だ」とどっしり構えていきましょう。一時的な苦難に負けず、最後まで夢を持ち続けることが、東北方位を使った人が幸せになる条件。東北に中途半端な気持ちで移動すると、運が変わるまで踏ん張り切れません!目標をもって移動する人は「厳しい方位」と覚悟しましょう。東北には「山の土」いう意味があります。汚したり整えなかったりすると「山」が崩れ突発事故に遭うことがあるので、東北方位の家はいつもきれいに使いましょう!鬼門は神様がにらみを効かせる方位でもありますから、引っ越し先の神社にお参りしたり頭を下げたりなど、挨拶することも忘れないでください。

東北が吉方位の場合?

よい変化が起こるでしょう。すべてを白紙に戻す力があるので、新婚生活や新規事業など、人生を一からスタートさせたいときは、東北の方位を使うといいです。転勤や転職がうまくいく、よい不動産が手に入る、財運が上がる、体調が良くなる、子供がしっかり者に育つなどのパワーもあります。東北は山の気が乱れる方位なので、高い建物と好相性。背の高い建物や、マンションの高いフロア(ただし5階くらいまで)に住むと良いでしょう。

東北が凶方位の場合?

不意のトラブルやアクシデントが多くなります。特に気を付けたいのは事故やケガ。喧嘩や無駄遣いにも注意が必要です。家を汚すと凶意が増すので、掃除と盛塩で不運をしっかりと予防しましょう!

スポンサーリンク

東方位(仕事運・健康運)

東は太陽が昇る方位です。朝、目が覚めて朝日を浴びると、「今日も一日、頑張るぞ!」という気持ちになるかと思いますが、東の太陽には「前進」「発展」「成長」のパワーがあります。つまり、「生きるパワー」です。子供から10代、20代の若者はもちろん、年齢にかかわらず「まだまだ頑張るぞ!」という活力をみなぎらせたいなら、東のパワーを得るといいでしょう!

日本が戦争で焼け野原になってもへこたれず、今のような繁栄と平和を築けたのは、日本が「極東」と呼ばれる「日出ずるところの国」だからということも言われています。白地に赤い「日の丸」は、朝日の象徴であり、日本は「朝日のパワーに満ちた国」なのです。日本に生まれた人は、生まれながらに東のパワーが身についているというわけですね。だからこそ、勤勉で頑張り屋さんが多い国なのでしょう。



東が吉方位の場合?

東方位に引っ越すならば、なるべく朝日のあたる土地や建物を選ぶといいでしょう。人生に勢いがつき、新しい出来事が次から次へと押し寄せたり、以前からの夢や計画が軌道に乗ったりするでしょう。生活の変化を恐れなければ、最短距離で上昇気流に乗れる方位です。職場で出世街道に乗る、独立や開業が成功する。子供なら勉強や稽古ごとにやる気が出て明るい性格になる、健康体質になるなどの吉作用が得られます。東方位と相性のいい色にブルーがあります。空や海の青色を指します。「三本の若木が青い空に向かってすくすくと成長する様」「太陽が海から昇る様」を表しますから、「行動的」「冒険心」「素直」「スピード」「物語のはじまり」という意味があります。若いうちにこの方位のパワーを吸収しておけば、将来出世する可能性が高くなりますよ。

東が凶方位の場合?

凶作用は表鬼門や陰の方位(南西、西、北西、北)ほど深刻なものにはなりませんが、ギョっとさせられたり、予定していたイベントが急にキャンセルになったり、また早まったりするなど、予想外の出来事にアタフタさせられることが多くなります。他にも東は「スピード」「勢いのあるもの」の方位なので、交通事故には要注意。車にはお守りを備え、交通安全を心がけるようにしましょう。「音」の問題にも要注意。東の凶方位の家に引っ越すと、周囲の騒音に悩まされる事があります。神経質な人だと、防音対策を考えたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

東南方位(人間関係運・旅行運)

明るい日差しとさわやかな風が心地良い方位です。老若男女を問わず誰からも好かれる方位です。東南は十二支で表すと「辰巳」の方位。「辰巳の玄関は吉相」とよく言われるのは、居心地の良い光と風に恵まれた方位だからです。居心地が良い分、幸運も入りやすくなるわけです。恋愛や結婚、その他ありとあらゆる人間関係を取り結ぶ方位で、特に女性の縁に影響を及ぼします。もちろん男性でも「仕事の人脈が広がる」「職場で信頼される」等のパワーがあります。

東南は緑が豊かに生い茂った木の気を持ちます。木は四方八方から吹いてくる風をやんわりと受け止めて、人や動物に涼しい木陰を提供します。東南は東北のように血の気の多い方位ではなく、穏やかで優しい方位と言えるでしょう。東南は花や植物、木と相性がいいので、引っ越すなら、緑豊かな公園や庭園の近くがオススメです。それが無理ならば、玄関先や庭に色とりどりの花を植えるといいでしょう。

東南が吉方位の場合?

女性なら良縁に恵まれます。片思いが両想いになったり、意中の人からプロポーズされたり、スムーズに再婚できたり、玉の輿に乗ったりすることもあります。東南は風の方位なので、運が追い風を受け「どんなことも順調に発展する」というパワーがあります。健康で経済的にも不自由せず、いい友達にも恵まれ、仕事でも周囲から信頼されるなど、人間関係において周囲からうらやましがられるほど穏やかで幸せな暮らしになるでしょう。因みに「旅行運も上がる」というオマケまでついてきます。

東南が凶方位の場合?

東と同様に深刻なトラブルといったことは発生しませんが、人間関係でストレスがたまりやすくなります。近所付き合いがうまくできなかったり、何かと目をつけられたりして生活が落ち着かなくなるかもしれません。誤解や嫉妬を受けないように、ご近所には日ごろからきちんと挨拶をして、余計なことはしゃべらない事。東南の凶方位では「腹六~七分目のお付き合い」を心がけるのが極意ですね。

スポンサーリンク

いかがでしたか?

これから風水を始める方も、そうでない方も、方位の意味やパワーを知っておくと運気に違いが出てくるかもしれませんね。

次回は、南方位から残りの方位の意味やパワーについて書いていきます!



 

コメント